腎機能の低下に注意|エクオールで症状から解き放たれるようになる
レディ

エクオールで症状から解き放たれるようになる

腎機能の低下に注意

シニア男性

腎機能を判断する血液検査

クレアチニンは尿として排泄される老廃物の一つです。健康診断の血液検査で血中濃度を調べることで、腎機能を判定しています。血中のクレアチニンが多い場合、腎臓で老廃物のろ過が追いつかない状態であり、腎機能が低下していると判断されます。クレアチニンを下げるには、腎機能を回復することが先決です。腎臓は老廃物や塩分をろ過して排出する働きをしています。食事の面では塩分を控えることや、タンパク質の摂取を適正範囲内に抑えることが挙げられます。一般的に、腎臓病の治療として取り入れられているのが食事療法です。しかし、忙しい中で食事管理をすることは大変なことかもしれません。そこで、腎臓の働きをサポートするサプリメントも販売されています。特に、しじみに含まれるオルニチンは肝臓に良いと言われていますが、腎臓にとっても良い成分なのです。

筋肉量に左右される性質

クレアチニンは老廃物と説明しましたが、詳しくは筋肉を動かす時に使われるクレアチンというアミノ酸が分解されてできるものです。そのため、クレアチニンの量は筋肉量に左右されるものです。男女で比較すると、一般的には男性の方が10%から20%程度高い値になると言われています。また、運動で筋肉を酷使した後でクレアチニンが高くなる場合もあるため、検査前日は激しい運動を控える必要があります。一方で、クレアチニンを下げたいという理由で、運動を控えて筋肉を使わないようにすれば良いのではないかと考える人もいるかもしれません。しかし、運動不足が問題となるため有効とは言えません。筋力の低下で代謝が下がり、疲れやすくなるなどの弊害が出てきます。やはり、クレアチニンを下げるには腎機能の改善が先決となります。